大田区蒲田の税理士がつづる税金・節約のはなし

大田区 蒲田の税理士が日々の生活の中で活かせる税金・節約のはなしをします

【電子申告】「第三世代税理士用電子証明書」の有効期限が迫っています

f:id:hamatax:20170729162459j:plain

現在、e-Tax及びeLTAX(以下「e-Tax等」と記載します。)では、日本税理士連合会が発行している「第三世代税理士用電子証明書」及び「第四世代税理士用電子証明書」が使用可能となっています。

電子申告の代理送信を行う税理士の方は、「第三世代税理士用電子証明書」をまだ使用している(していた)方も多いと思います。

 

この「第三世代税理士用電子証明書」ですが、有効期限が「平成29年7月31日」までになっております。
平成29年8月1日以降は、「第三世代税理士用電子証明書」がe-Tax等で使用できなくなるので注意が必要です。
なお、e-Tax等では送信時点で有効な電子証明書による電子署名が付されている必要があるため、第三世代税理士用電子証明書で署名した申告書等は、e-Tax等の利用可能時間である「平成29年7月31日24時」までに送信を完了させる必要があります。

 

また、電子証明書を第四世代税理士用電子証明書などに変更した場合は、e-Tax等へ再度登録する必要があります。登録方法等は、以下のページを確認してみましょう。

www.e-tax.nta.go.jp

 

地方税電子化協議会 | Search Result

 

法人の申告であれば今月末申告までは「第三世代税理士用電子証明書」が使えます。
来月の申告から「第四世代税理士用電子証明書」でなければ電子申告できませんので、余裕をもって準備するようにしましょう。